忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嵐のあと (日高 ショーコ )

木原さんの挿絵を書かれた方です

コミックスは何冊かもっていますが、木原さんの挿絵をかかれたことで

この方の本の内容もちょこっと変わったような気がします

前作「シグナル」では脇役だったゲイの輸入インテリア会社社長の榊は

過去に受けた傷の痛みもあり、ドライな恋愛というか、都合のいい

関係に満足しきっていましたが

或る日取引先の担当の岡田と出会い、

ノンケさんとの恋愛の深みにはまりそうになるのがいやで

逃げようとします

人を恋しいと思うことは悪いことではない

けれどマイノリテイである自分には、彼に恋することがふさわしく無いと

悩む榊が本当に切なくて悲しいです


でも、岡田は最初こそ突然のキスやゲイであると言う告白に引きますが

自分の正直な気持ちで、

榊と過ごした時間が大切で

なくしたく無いと思っていうことを自覚して、正直に認めていくのです

「オトコマエナ」という言葉は岡田みたいに柔軟に自分の気持ちを

認めていけれる男なんだと思いましたね

ほんまに(笑)




嵐のあと (花音コミックス) (コミック)
日高 ショーコ (著)

(内容)

輸入インテリア会社社長の榊は、男同士のドライな恋愛関係に満足していた。だから、取引先の担当者・岡田の事も好みだと思うだけで、本気になるはずはないと油断していたのかもしれない。しかし、記憶をなくすほど飲んだ翌日目を覚ましたそこは、岡田の自宅で…!? 岡田の無自覚な言動が榊の心をかき乱す…! 切ない恋が胸に迫る大人の純愛ラブストーリー★ 描き下ろしは後日談♪


 大人の男同士の恋と、オトコマエナ笑顔がすごく清々しくて可愛い

岡田を楽しみたい方にどうぞー(笑)


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People