忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キツネとタヌキの恋合戦 (真崎 ひかる)

キツネとタヌキの恋合戦 (二見書房 シャレード文庫) [文庫]
真崎 ひかる (著), 麻生 ミツ晃 (イラスト) 

キツネとタヌキの恋合戦 (二見書房 シャレード文庫)




(内容)

「す、好きなんだ」
「命がけの冗談か?」

狸族の本家の次男・佳寿は渇水の郷を救うため、犬に化け敵である狐族の元へ。
しかし狐の御曹司・依吹に正体がばれてしまい…。

狸族の佳寿は郷の渇水を救うため単身、狐族の頭領・神代の屋敷へ忍び込むことに。『狐の尾筆』と言われる筆を探して
犬に化けた佳寿は、迷い犬と間違われ神代の御曹司・依吹に保護される。先祖代々敵対関係にあり、狐は冷酷で狡猾だと
聞かされてきた佳寿だが、夜は一緒の布団で眠り、優しく撫でてくる依吹にうかつにも心地よさを覚え…。
しかしとうとう正体がばれ、咄嗟に依吹を好きだと言ってしまい――。





感動のBLも大好きです。

健気で切ないお話も大好物です。

涙流して読めるお話も愛しております。

というか、泣きたいだけの時の清浄剤のような役目をあたしはBLに求めているんだろうなと

思う時があります。


でも・・・こんなふうに他愛もないケモノもふもふに癒やされることも好きです(笑)





郷でたぬき族の直系次男としてみんなに愛されて可愛がられて育った佳寿

愛する郷ではある大問題によって生きるか死ぬかの問題でてんてこ舞いでした。


その問題とは郷の池の渇水問題

生活のために、生きる糧を得るために渇水は大問題でした。

その解決策は・・・

なんと昔から敵対視していた狐の筆を奪い取ってこなきゃいけないというのでした!

化けるのが下手でいつまでも不器用な佳寿は

なんと犬のポメラニアンに化けて狐族の総領御曹司・依吹のもとに訪れます。

冷酷で狡猾な狐とさんざんに言い聞かされてきたので

依吹との生活に不安をいっぱいに抱えていたのですが

不細工なポメラニアンである自分にも依吹は優しく接してくれるし

正体がバレてたぬきとわかっても大切にでもちょっぴり意地悪はするんですが

かわいがってくれる依吹にどんどん惹かれていくのです。








犬猿の?仲とも位置づけられている狐と狸のほのぼのラブ・ストーリーでした。

あたしとおなじようにケモノもふもふでいやされたいかたいかがでしょうか?






拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People