忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

堕ちゆく者の記録 (秀香穂里)

堕ちゆく者の記録 (キャラ文庫) (文庫)
秀香穂里 (著)
高階佑 (イラスト)

(内容)

『9月1日、俺は目覚めると、檻の中に囚われていた―』ある日突然、勤務先の青年社長・石田に監禁されてしまった、デザイナーの英司。「今日から君をAと呼ぶ。これは三十日間の実験なんだ」石田は1冊のノートと鉛筆を渡し、日記を書けと命じてきた。名前と自由を剥奪され、身体も精神も支配される―官能と狂気に晒されて、人はどこまで理性を保てるのか、衝撃の問題作。





監禁者に好意という感情がもてるという監禁されたもののもつ特有の感情

ストックホルム症候群も味付けのBLとでもいえばいいのでしょうか・・・

感情の動きが緻密な文章で描かれていて

なぜか監禁した存在に対して、同情とか共感を感じてしまう小説でした。

生まれおちてひと月もたたないうちにコインロッカーに放置され

産み落とした親という存在に殺される運命だった監禁者のK

Kとともに仕事をし、両親に過不足なしに愛され、充実した人生を歩んでいるA

Kに捕獲され実験動物のようにいろいろ試され

過去をしり、いまのKの感情の動きを知るにつれ魅かれていってしまう。




挿絵の高階佑の挿絵がまた雰囲気をすごくうまくつかんでいるのです

監禁した上位の存在であるはずのKの沈鬱で楽しみをうまくつかめない

享受できない雰囲気をすごく色っぽい視線と退廃的な表情で書かれております。

檻と一枚の毛布

そしてトランプと日記と男たち

この表紙だけで十分萌えを補給できると思ってしまいました(笑)


現実の世界に飽いた人たちにお勧め・・かも




そしてひとつ謎が・・・

快適な空調に守られた部屋。そして檻

大きな檻の中には毛布とトランプと日記だけのはずですが

何日か放置されるとき・・・

排泄はどうしていたんでしょうか・・・

ということにちょい悩んでみる(笑)




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

はじめまして。みっとと申します。お邪魔します。

挿絵の影響は本当に大きいですよね~。
作品の品位まで左右する事もありますよね。

ストックホルム症候群。まさにそうですよね。檻なくしては成立しない関係。榎田さんのペットラヴァーズの新刊でもペットと飼い主の関係を解消したらダメニなる事が多い、とありましたけど、何となくわかる気が・・。
排泄も交換条件みたいなシーンもありましたけど長い期間の時は物語上美しくない道具が用意してあったんだろうか・・。
「風木」「日処天」「ジュネ」「一時引退」
私も通ってきた道です。最近戻って来てしまいました。


戻ってきたお友達仲間~♪

出戻りおめでとうーございます♪
といっていいんですよね(笑)

みっとさんのブログも拝見させていただきました。
とても丁寧に感想とか思ったことが客観的に書かれていて他の方がみてもわかりやすいブログだなと感じましたー
見習わなくては・・・・(たぶん無理

排泄の交換条件のシーンがあったので、何日か放置の時はどうしているんだろうとささやかな疑問があったのですが、物語上美しくない道具とのことでなんとなくそーなんだーと納得させいただきました。

コメントありがとうございました!

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People