忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

COLD SLEEP(新装版) (木原 音瀬)




COLD SLEEP (ビーボーイノベルズ) (単行本)
木原 音瀬 (著)
祭河 ななを(イラスト)



(内容)

事故で記憶をなくした高久透は、友達だと名乗る年上の男・藤島に引き取られる。藤島は極端に無口なうえ、透の「過去」を何ひとつ教えてくれず、透はどこにも居場所がないような寂しさを募らせる。しかし藤島とともに暮らすうち、彼の中に不器用な優しさを見いだして──。過去と現在が複雑に絡み合うあの超話題作の新装版がいよいよ登場! ショート番外編書き下ろし!




いまさらというかなんというか、すでに他のブロガーさんがしっかりとした感想書いてくれていますので

あたしが遅れて書いてもなぁ・・・

という気持ちは持ちながらも、

まぁ自分の思うままの感想ブログだもーんと開き直って書くことにいたしました。



新装版の書き下ろし20Pが目当てに出版社の思惑道理買っちゃった愚かものなのですが

鳥の頭には鳥らしく以前の内容とか、感想がすべて・・・綺麗にとまではいきませんが

忘れていることも多く

それにまた新たに思うこと、あのとき気付かなかったことも多くあることに気が付きました。


COLD SLEEPという題名なんですが

基本的には事故のショックで今までの記憶を忘れた透の状態を表しているのかなと思いました

経験的な記憶や知識として知っていることがわかるのですが

自分というものについてがすっぽりと消えてしまった状態です。

まっさらの状態で知り合った藤島と出会い

そして恋をすることによって花開くように人生を楽しんでいく透。

もしかしたら藤島の父母によって生きることが歪められなかったら

こういう風な青年になったであろうと思わされました。



それともうひとつ感じたことは

帯状疱疹という病気みたいなものなのかなと感じたのです

水ぼうそうに感染した人はたとえ水ぼうそうは治癒したとしても

そのウイルスは神経の後ろ側に潜伏して

その人間が弱ってきたり免疫力が低下したりすると

再び活発に活動をはじめ

神経に沿って帯状に赤い発疹と水ぶくれが出現し、疼痛を伴う恐ろしい病気なんです


透の記憶も眠ることにより過去の冷たい傷に痛めつけられることなく

日常生活を幸福に遅れておりますが、

あるいはウイルスにおかされたまま

神経節に潜伏されている状態の一歩間違えれば危険な状態につながる

あやうさがあると思われました。



虐待によって心が壊された透

守れなかった愛おしい存在として守りたい気持ちでいっぱいの藤島

ウイルスによる発病がこれから少しずつ現れ

最後に発病によるもので劇的な症状を発症し、のちに熱でやっつけて

治癒に向かいますが

それはこれからの物語なのでネタばれはやめておきます

(さんざんバラしているのですが・・・)









拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People