忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕が一度死んだ日 (高岡 ミズミ)

僕が一度死んだ日 (キャラ文庫) (文庫)
高岡 ミズミ (著)
穂波ゆきね (イラスト)




(あらすじ)

「俺はもう一度、必ず戻ってくる」──。12年前に亡くした恋人・孝徳を忘れられずにいた塾講師の鳴沢。けれどある夜、見知らぬ少年が現れて、自分は孝徳の生まれ変わりだと告白してきた!! 混乱する鳴沢だが、さらに職場では、孝徳と瓜二つの男が、同僚として現れて──!? 成長した孝徳そのものの大人の男と、幼い声で慣れたように鳴沢を呼び、想い出を語る少年。鳴沢は二人の間で翻弄されて!?


 若くして死ななければいけない運命を背負った若者には

臆病で可愛い恋人がいたのでした。

ゲイである性癖のせいで自分の家族との関係もうまくいっていないことで

心に深い傷をもっているためにそこか自分に対する評価も低い恋人

その手を温もりを残して逝かなければいけないという苦悩を

未来への希望にすり替えるために

「いつか生まれ変わって必ずもう一度戻ってくる」という約束をするのです。


その約束にとらわれているせいか

孝徳を忘れられずにいるためか

鳴沢はひとりのままです。

まぁあいまに優しい人たちに恋をされているようですが

その優しい人たちに「好き」という言葉すら返せずにいた

自分自身にまたやりきれなくも感じているのです。

そんな鳴沢の前に現れたのはふたりの男・・・というか

昔の恋人孝徳ににた大人の男と

孝徳の生まれ変わりと言い切る小さな12歳の男の子です。


小さな12歳の男の子有樹の言動に

孝徳と昔交わした言葉とかお話に魅かれていきはするものの

大人としての分別というか、小心で臆病な本質をもつ鳴沢には

有樹のように簡単に再会愛には落ちれないのです。

まぁぶっちゃけ正直生まれ変わりなんて信じれないという気持ちもたくさんあるでしょうしね。

そういった混乱についていけなくなった鳴沢は孝徳に似たおもざしをもつ男と寝て

自分自身と有樹を傷つけます。

たとえ生まれかわってきていても、

子どもの自分のままじゃ鳴沢を救うことも愛することもできないことに

気がついた有樹は鳴沢から離れて行くのです・・・・


そうして数年の時がたって

20歳になった有樹と再会し始めてこの恋の執着が実ります。


生まれ変わっても会いたいと思えるほどの相手を出会えた幸福

けれどその人の手を離して一人で逝かなければいけない不幸

再会し今度はまぁ年齢は離れてはいるものの

大人同士として一緒に人生を歩むめることはかけがえないくらい幸福でありますようにと

祈りたいです。





コメントレスです♪

lisaさん

京都の路地で抱きしめ会っていたCPは
かわい有美子さんの小説「いとし、いとしという心」というお話です
再会し、略奪愛のようにはじまった恋でしたが、
身体は繋げていたものの、心は今一歩だった受けが
ふたりでお出かけするようになったりして
町屋のあいだの細く暗い路地で雨宿りをしているときに
手を握りながらキスをするシーンがあるのです。
京都の情緒ある雰囲気が味わえますのでぜひどうぞー♪

お寺であれこれされちゃうほうは・・ある同人誌のほんなんですが
いま手元にないため題名とうさだかにないのです
また探し出しましたらご連絡させていただきますね<(_ _)>

高塔さんの書きおろしよかったですー、書きおろしにつられて友人がいてよかった(笑)

コメントありがとうございました!

images.jpg

拍手[4回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

こんにちは~。

うわ・・・・、これ、気になりますね。
私、生まれ変わりとかは信じないんですが
お話の中なら受け入れられるんです。
変ですよね・・・。

高岡さんって、ぴったりと私の琴線に嵌る時と
そうでないときのギャップが大きくて
条件無しに購入するのが怖い作家さんです。

買っちゃいました・・

>ぴったりと私の琴線に嵌る時と
そうでないときのギャップが大きくて
あたしも同じですー
特に最近の本はそうでない本が多いので買うのを躊躇していたんですが・・

大人の鳴沢のじれじれとした気持ちが最初じれったくて、これもはずれかなぁと思っていたんですが
あんがいさらりと読み終えました。
もうちょっと生まれ変わってきた有樹に魅かれていく過程があったらよりよかったんじゃないかな(笑)
甘甘希望なんですけど、あんまり糖度は高くないです♪

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People