忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皇帝(カエサル)の婚礼(秋山みち花)



皇帝(カエサル)の婚礼
(ショコラノベルスハイパー)
2007年4月10日発売
秋山みち花/著
佐々成美/画

(内容)

宮園杏里はイタリアの北方にある生まれ故郷の島を十六年ぶりに訪れる。姉弟のように育った幼なじみの結婚式が行われる予定だったのだが、なぜか花嫁は失踪。花婿であるイタリアン・マフィアの首領――コンラード・セルビエリから、身代わりとして花嫁になることを要求される。初恋の相手でもあったコンラードを、杏里は拒むことも出来ず、代役を果たす。ところが式の後、花嫁の役目としてコンラードに無理やり抱かれてしまい、夜毎のように快楽を教え込まされる。そんな時、失踪していた幼なじみの行方がわかり……!?



なぜフェアーでこれを選んだかといえば・・・

佐々さんの挿絵がよかったからです

初読みの作家さんかなと思っていましたが。実は読んでたみたいです・・・

鳥頭もここまで極めればですね(笑)


宮園杏里は幼馴染の結婚式に出席するため生まれ育った懐かしい島を訪れます

しかし、なぜか花嫁となる幼馴染は失踪し

家族は戸惑いとともに不安が隠せません

なぜなら、結婚相手はイタリアン・マフィアの首領だったのです

両親をなくしたあとよくしてくれたその家族のために

花婿となるはずだったコンラード・セルビエリのところに説明に向かう

杏里でしたが・・・

というハーレクインテンプレどおりの出来事から始まって

終始愛のあらしにもまれて二人は幸せにという

ある意味王道のお話にエロと愛欲とほんの少しのサスペンスと

きれいな挿絵に大満足の一冊でした

小冊子もけっこうおもしろかったし(笑)

(でも、付いているクリアファイルを使用する勇気はないとおもいます・・・・)








拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People