忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

身代わりの蜜月 (秋山 みち花)

身代わりの蜜月 (クロスノベルス) (単行本)
秋山 みち花 (著)
六芦 かえで (イラスト)




(あらすじ)

愛してはいけない人に抱かれてしまった

「復讐の掟に従い、相応の罰を受けてもらう」
留学生の凪は自身の起こした事故で、マフィアのボス・レオニードを失明させてしまう。
だが、組織に捕らわれた凪の前に現れたレオニードは、凪を恋人と間違い、優しく抱き寄せてきた。
誤解されたまま偽りの恋人を演じる自分に惜しみない愛情をくれる彼に、次第に惹かれてしまう凪。
そして迎えた初めての夜。
凪は拓かれる痛みを堪え、ただレオニードに縋りつくしかできなかった。
抱かれている時だけは彼は自分だけのもの。
そんな儚い幸せを感じてしまい……。



本屋さんで立ち読みして、

六芦さんの可愛い絵柄とあらすじに魅かれて購入

コミコミさんで小冊子つきということなので、

他の本とまとめていたので

発売日よりずいぶん遅くの感想です。



自分の運転が原因で目を見えなくしてしまった人はマフィアのボスでした。

部下のエミリオに連れてこられた凪をレオニードは自分が目にかけていたピアニストの渚と

勘違いして優しく接してきます。

渚と間違われたまま恋に落ちる凪(なぎ)

レオニードを愛すれば愛するほど、そのことが苦しくてたまらなくなります。

もしかしたら目が見えるようになれば

この儚い幸福は消えてしまう・・・

そうわかっていたからこそ、凪はレオニードに心も身体も捧げてしまうのです。

そしてついに運命は凪にレオニードとの別れを突きつけてきます・・・

レオニードの手術の日がきまったのです・・・

やがて眼が見えるようになったレオニードは渚の姿を認め抱きしめますが

凪には目もくれようとはしません。

これでほんとうに終わるとレオニードのもとから離れる凪の姿と気持ちは

切なくって涙うるうるです。


と、まったくもってはっきりいってどこのハーレクインロマンスですかというような内容です。

たまたま性別が男×男であっただけです~

でも、こういう王道ハーレクイン風もせつない場面が好みなら萌えるのでした(笑)

小冊子もどこまでもハーレクインでした。

まぁ嫌いでないんでいいです(笑)




コメントレスです♪

まひるさん

いえいえいえ、大した気遣いはできないあたしなので・・
ちゃんと写真は綺麗にとれとか、
ちゃんとUPしろとか言ってくださってもいいんですよー(笑)
ご訪問・コメントありがとうございます。
同じBLを愛する者同士、いつでもご遠慮なく萌えていきましょうね♪
コメントありがとうございました!

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People