忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月に濡れる密約( いとう由貴)

リブレ B-PRINCE文庫創刊ということで、木原さんのあの有名な「お犬さま小説」も購入したのですが

というか、そっちが大本命でしたが

一人前のコノハラーとなるにはアタシはマダマダのようです・・・

平たく言えば挫折して積読本として横においてありますー

これは、はっきりいって心と仕事と家庭にゆとりを持たなきゃ読んじゃダメという気がするんですー

単なる小心者のたわごとかも知れませんが(笑)

と言うことで、同じシリーズの中から比較的甘甘で、楽しく切なさを感じるために今日はこれで(笑)







月に濡れる密約
(B-PRINCE文庫 い 1-1) (文庫)
いとう 由貴 (著)
杉原チャコ(イラスト)



(本の内容)12年前、日本から無理やり香港に連れてこられた朋之は、その名をアレクシスと改められ、 強大な権力を有する一族に、籠の鳥のように飼われる日々を強いられていた。
やがてはその身体を一族の長に奪われる運命だったアレクシスの前に、 ある日ジェイルと名乗る男が現れる。
恋という名の魔法でアレクシスの心を蕩かし、 その身体に快楽を教え込むジェイル──アレクシスは知らなかった。
二人の間には、大きな「秘密」がある事を…。


 母の密かな希望により生れ落ちてから取り替えられ日本で育てられた少年朋之は無理やり家族と引き離され生家に引き取られていく

そこは巨大な権力を守るために巫女を有し、人間の運命すら思うように操ってもなんとも思わない巨大な企業であり一族に飼われて不満や不安を覚えながらも何もできずにいた

そんなときにジェイルと出会い運命の変え方と恋をしり
清い体をジェイルのために捧げるのでした・・・

ジェイルの策略ともしらないまま・・

セックスをしることで、巫女としての力を失ったアレクシスは一家の長の命により男娼宿に売られ身を落としていくのです

実はジェイルは朋之の取替え子であるということで、一族から追い払われ
一族とアレクシスに対してうらみの気持ちをもっていて、不幸のどん底に落としたいと言う気持ちがあったんです



世間を知らずに育ったアレクシスはジェイルを恨むこともなく
ただ、自らの運命を甘受しておりましたが
とうとうジェイルが復讐を果たしたこと知り、何もしなかったからこういううとこで過ごさなきゃいけないんだと諦念しておりました

或る日客との会話でジェイルになにか危機が訪れるんじゃないかと言う不安に襲われた(もう巫女ではないので予知と言うものはできないので)
アレクシスはジェイルを助けるために爆弾を捨てに行こうとしたり
一族の長に狙われたジェイルを庇って撃たれます


ううぅっぅうっ

本当に切ない恋心で啼かされました

ジェイルには自分はもう必要でないし

そばにいれば邪魔になるから、自らの片付けは自分でと心に決めて

頑なまでにジェイルのもとを去っていこうとするアレクシスが悲しいです

切なさを充分に堪能なさりたい方いかがでしょうかw?




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

Lianhaさん、こんばんは。

木原さんのは買ったのですが、他の本と一緒に頼んだので月末まで拝めないんですが、ヤバイ内容なんでしょうか?
ちょっと、ドキドキ。
最近せつないのが足りてないので、これ読みたいなぁ。
でもまたタワーが崩れてきそうだし(笑)、悩むなぁ。

やばいです(笑)

あたしてきには、受け取る側の心の許容度を確かめたいのでしょうか・・と思われる内容でした
ということで、週末までお預けにしておきたいと思います

いとうさんのは
刹那さ度は最近の中ではぴか一とお勧めいたしますー
タワーの存在は、微妙な位置のままにしておけばどうにか大丈夫で
というか、もう崩れても諦めが肝心ともいいますが(笑)

買っちゃいました

Lianhaさん、こんばんは。
お勧め頂いて、読みましたよー。
せつなさが足りない所にキュンときました。
受がいい子で、やっぱ泣けましたね。

TB頂きました。

お買い上げありがとうございますー (笑

お勧め本わざわざ買っていただいてありがとうございますー
あたしも受けがいい子で本当にひっさびさ泣けました

TBこちらもいただきます
ありがとうございました<(_ _)>

トラックバック

月に濡れる蜜約/いとう由貴

bk1で見てみる Amazonで見てみる ーあらすじー 12年前、日本から無理やり香港に連れてこられた日倉朋之(ひくらともゆき)は、その名を...

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People