忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水に眠る恋  ( 可南 さらさ)

もう、恥ずかしいくらいの放置で申し訳ありません。

夏が過ぎて身体が楽になるのかと思っていたら

夏のダメージをくらいすぎていて回復できませんでした・・

体力と気力の衰えが哀しいです・・・(T_T)


グダグダしながらも楽しみはやっぱりBL本です(笑)

ということで最近読んだ懐かしい一冊

水に眠る恋 (幻冬舎ルチル文庫L)
可南 さらさ (著), 円陣 闇丸 (イラスト)



(内容)

仕事で大学病院を訪れた上原尚哉は、高校時代の同級生で外科医の久住廉と再会する。久住とは、かつて心を通わせながらも尚哉が裏切り、別れた相手だった。当初は屈託なく接してきた久住だが、二人きりになると態度を豹変させ、脅すように「身体を差し出せ」と償いを求めてきた。別れてからも久住を想い続けていた尚哉は、心を痛ませながら応じるが…。




懐かし作品が文庫ででました。

正直単行本があるので短い書き下ろしのために買うのもお財布にはやさしくないのですが

フェアーのために読みたくない本を買うよりはいいかなという気持ちで買いました(笑)

別の出版社さんからの出し直しというのならわかるのですが

同じ出版社さんでこういう出し方・・というのがちょっと複雑な気持ちになりますね。


高校生ころにピュアな恋をしておりましたふたりでしたが

お互いに抱えきれない事情というものがありまして

すべてを捨て去る形で別れた二人が再開し、あれやこれやとありましたが

ようやくお互いの恋情に気がついてというお話です。

固まってしまってからも家族に対しての思いや経緯があって

簡単に結ばれたというのではないのですが

王道ものとして安心して読める一冊です。

同人誌として書かれてた番外編が書き下ろしとして含まれるのかなと思っていましたが

そうではなくて攻めである久住視点のお話が書かれておりました。

ふたりが今ともにあるのはある意味奇跡のような幸福ですよね。

そんなふたりのお話が読めてあたしも幸福になれた一冊です。


コメントレスです♪

まるさんこんばんは
レスがますます遅くなり申し訳ありません(T_T)
体調がいまひとつなのもあるのですが、いろいろなことを処理していく能力が
ますます劣化しているせいでもあります。

>ちびトラさんで1冊読めて楽しかったです
ほんとですね!
雑誌連載分と同人誌分がまとめて読めて保管も簡単でありがたいですよねー
雑誌掲載作では本編ではかるーく流されていたトラさんの子供時代の可愛らしさや
腹黒さを堪能出来ましたね(笑)
きせかえ・・昔好きでしたのでつい切っちゃおうかと考えてしまいそうでした(笑)

同人誌では死がふたりを別れさせてしまっていましたよね・・
天国もう一度あえて良かったと思います。

我が家でももうそろそろ考えなきゃいけないなと思うことありますよ。
つい最近も関係の近い方がご主人を亡くされてしまったことがあるので・・
いつのまにか親兄弟よりも長い年月を過ごしてきた存在になってしまっていて
邪魔な存在と思うこともあり
頼りになる存在でもあり
もう愛とか恋とかじゃないもので
一緒に生きている戦友に近いものかと思うこともあります。

最後まで戦い合うつもりでありまするー(笑)

まるさんもがんばってくださいね。

コメントありがとうございました!

拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People