忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひとひらの祈り (崎谷 はるひ)


ひとひらの祈り (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
崎谷 はるひ, 冬乃 郁也



(あらすじ)

家では父親からの虐待を受け、高校でも激しいいじめにあっていた深津基は、弁護士・那智正吾に救われ、惹かれていく。それを知った父親から性的虐待を受ける中、那智に救われた基は彼のもとで暮らすことになり、一度だけ身体を繋ぐ。それ以来、保護者として接する那智は基を抱いてくれない。身も心も那智を求めているのに―落ち込む基は。
 
前作「鈍色の空、ひかりさす青」がかなり痛々しい内容でしたので

甘味がほしい~~と呟いたことがありますので

今回は甘み成分もエロせつなさもも増量されて楽しく読めました。


「けものの肌に我はふれ」

前作で一度だけ結ばれた後どうやら基は熱をだしたようで・・・

那智の幼馴染の医者から注意されてからもうあからさまに避けられているようで

一緒に暮らしているのに顔をみることもそうないままで

基のストレスがたまって淫夢を見るようになってしまい・・・

自慰をしても満足感には程遠く・・・

保護者の顔をして逃げている那智に基のつらさが頂点に達している。

酔わせて本音を言わせようとする大に基は・・・

愛されていると確証だけでもちゃんと与えなきゃいけないのが大人の役目だと思うのです。

でもまぁ性欲まで気持ちが向くようになったということは

それだけ生きることに余裕ができたきたということですよね。

ふたりの甘い甘い成分が補給されてよかったです(笑)



「みずからわが涙をぬぐいたまう日」

那智の青春時代

今は大人の顔というか身づくろいが上手になっていっぱしのふりをしているけれど

やはり彼にも自ら傷ついた日があったのです。

青春という日の苦い日を受け入れてなお生きて生活していく

あの苦味をみんなどこに処理しているんでしょうか?

その苦しみを共有して共に生きていける存在を得たなら

那智は今幸福なんだと思えます。


「ひとひらの祈り」

那智に引き取られともに暮らすようになって基は19歳になった。

村瀬宅にてお正月の行事を過ごし

幸福な気持ちを抱えたまま二人は帰宅する。

三年前のあのときから未成年後見人制度で基を守ってきたのだけど

二十歳を迎える今年は

これから迎える大学受験のこととか、、就職などについて語られる。

そしてなにより、もし万が一那智になにかあったときの場合

基にすべてを譲りたいと那智は語る。

自由に生きさせてやりたいと那智は思っているのだけれど

やはり自分の腕の仲から基を離すことができなくって

そのためには那智の籍に入れたいと・・・

日本の戸籍法では息子という形になるのだkれど

婚姻という形で基にそばにいて欲しいと言う那智

こうやってふたりで生きていけるという絆を少しずつ固めていけば

幸福な終わりを迎えていけるのではないかと思うのです。


「かすかな光」

那智の籍にはいって二年

大学生となる基の魅力に周囲は気が付いていく。

すげなく断る基なのですが、それに妬く那智が妙に可愛いです。

前作を読んでいても読んでいなくてもけっこうBLの甘さを堪能できるのではないのでしょうか?


コメントレスです♪

あきりんりんさん
娘さん二人いたら洋服とか靴とかいっぱいになっちゃうのはしょうがないですよね~
一部屋衣裳部屋にしちゃうのはどうしようもないと思うのですよ。
でも探しにくいのなら・・ちょこっと着ない洋服はもう古着屋さんにGO!ですね。
うちは息子のオタクな収蔵品で部屋は歩くところもありませんが
おとうさんは息子の部屋にはけっして近寄らないので今のところはなにも言われませんが
なかなか断舎利は難しいです~

寛くんのお話はけっこう好きですー
ヤリチンの王子様という設定もちょっと笑っちゃったのだけど
愛する対象がいなかったのでちょっと彷徨っていたようです(笑)
和泉さんのは甘い甘いお話でした。
また読み終わったら感想をあげますね。

コメントありがとうございました!



拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People