忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悲しみの涙はいらない(水原とほる)

悲しみの涙はいらない (DARIA BUNKO) (文庫)
水原 とほる (著)
ヤマシタトモコ(イラスト)

(内容)


母親に捨てられ、義父の借金のカタとして金融業を営む国枝に引き渡された遙。その美しく儚げな容貌で借金返済のために売春を強要されてきた。男達からの陵辱に耐えるため、固く心を閉ざしていたはずなのに、気まぐれに自分を抱いた国枝の言葉に何故か傷ついてしまう。端整な顔立ちだが冷たい目をした国枝の冷酷さに怯えながらも、垣間見える彼の孤独と優しさに遙の心は揺れ動き…。




遥は、幼い時から奔放な母に振り回されて、何回か苗字がかわり

挙句の果てに、義父のもとに捨てられ虐待と性的暴行に脅え

今日こそは逃げようと決心した日に借金のかたにやくざに売り飛ばされちゃうんですよね

義父の借金をかえすために売春を強要され、汚されていく自分に涙流すこともできない子供が本当にかわいそうでした

国枝の思いつきで彼に引き取られ、高校に行き、大学受験を指示され

思いがけなく得た普通の幸福を楽しみますが

友人ができたということを国枝に知られたとたんはかなくも消える幸福でしたが・・・

やがてそれさえも甘受して人生をあきらめて生きていく遥でしたが

体を使われるだけの冷え冷えとした関係だと思っていた国枝の優しさを知るにつれ

国枝に惹かれていきます

暴力も虐待もいつもの 水原マジックに比べたら薄いような気はしますが

ほんのりとしたやさしい涙に包まれたお話でした





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People