忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

極道の犬(秋山みち花)

極道の犬 (CROSS NOVELS) (単行本)
秋山 みち花 (著)
ヤマダサクラコ(イラスト)



(内容)

■商品の内容 


[要旨]
「俺の身体は、おまえのものだ」若くして組を継いだ怜史の傍らに常に侍る男・門倉。犬のように忠実に仕える男と怜史の関係が対等になるのは、ベッドの中だけだった。沈着な男の、骨まで喰らいつくそうとするかのような愛撫に乱れながらも、怜史にとってこのセックスは、門倉の忠節に対する餌でしかなかった。しかし、組長継承に異を唱える輩に怜史が命を狙われた時、初めて犬は命令に背いた。自分を護るために―。



初読み作家さんですが、イラストがあのヤマダサクラコさんです

美貌で麗しいと、作家さんも設定されている 怜史 を

実に美しく男らしく、骨太な感じに描かれていています

好みです・・・(笑)

門倉 は高校のときに美しい少年怜史に一目で恋をしてしまうのですが

少年はやくざの世界に身を投じようとしているため

彼の恋心をわかっていても受け取ることができません

これから進む茨の道(極道)の世界に門倉を引き込もうとするのも抵抗があり

恋がかなったとしても終わる時が怖くて素直に恋心を現すこともできません

でも、門倉を離したくはない・・・

その思いのたけを彼はこう表します

「俺の犬になって一生そばにいろ」・・・と

強い口調でとんでもない言葉を発しながら怜史の目は何かにすがるような

必死に助けを求めるかのようなのでした

犬になることを承知し、極道になることはなくても

ボディガードとして、常に寄り添い、ときには怜史を手中に入れその体を

思う存分に堪能する毎日でした

だが、ある事件とともに怜史を守りきれなくなってしまい・・・






門倉の攻め視点で描かれているので、怜史のこういうせつない恋心と

ひとりで極道の道に進む不安と焦燥とかがなかなか伝わってきません・・(笑)

受け視点で読もうとしてしまう癖があるので、なかなか素直にお話しに入れなかったのです


受け視点から書いていただいて、なぜ極道になろうと決心したのか

門倉への幼い恋心がどうやって大人の愛に変身していき

離れたくないと思っているか書かれていたら本当にあたしの萌えだったかもです


でも、挿絵効果もあり最後まで楽しく読み進めることができました

これから要チェックな作家さんになりそうです





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People