忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春の泥 (水原とほる)

春の泥 (キャラ文庫) (文庫)
 水原とほる (著)
宮本佳野 (イラスト)

(内容)
 
医大志望で将来を嘱望される弟と、受験に失敗して以来くすぶり続ける自分。両親不在の春休み、大学生の和貴は、窮屈な家を出て自立する計画を立てていた。けれどその夜、二歳下の弟・朋貴に監禁され犯されてしまう!この飢えた獣の目をした男が弟…!?「ずっと兄貴だけが欲しかった」優等生の仮面を剥いだ弟の、狂気の愛に絡め取られるとき―住み慣れた家が妄執の檻に変わる。


ひさびさに水原さんらしい本を読んだという気持ちです。

近親相姦の兄弟ものですので

好き嫌い以前に嫌悪感を感じられて苦手に思う方もいらっしゃるかもしれませんが

あたしてきには許せれるお話でした。



妄執に近い愛情を家族という囲いの中で必死に守ってきた弟が

その愛情に気がつかないまま、家庭とか弟自身から逃げようとする気配を感じ

それまで必死に守ってきた理性とか自制心をぶち壊してしまい

ただただ兄に自分の気持ちをぶつけていくお話です。

その気持ちの伝え方に監禁とか、暴力・強姦がセットになってしまうのは

常識的には許しちゃいけないんでしょうが

弟のそれほどまでの想いに気がつかない

兄の無関心さにも罪はあったような気がします。


後半は弟の想いに気がついて遅ればせながら自分も弟を愛していることに気が付きますが

親という存在を抜きにしても

近親相姦という罪になかなか身を浸せきれません。

弟の何年もかけた気持ちに追いつけないことはあたりまえなんでしょうが

腹をくくりきってただひたすらに兄を思う気持ちにすら苛立って弟を拒否してしまいます。

一週間放置したあと、

自分が残した服を抱きしめてただひたすら閉じこもっていた弟をみつけて

ようやく弟ともに生きていく決心をつけるのでした。



どちらかというと常識人である兄なんでしょうが、

自分の心を壊してでも、欲しいと思いを募らせて兄に気持ちをぶつけていく弟くんのほうが

なんか心魅かれてしまいました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People