忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

茅島氏の優雅な生活〈2〉 (遠野 春日)

茅島氏の優雅な生活〈2〉 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
 遠野 春日 (著)
日高ショーコ(イラスト)
 


(内容) 孤独な資産家・茅島氏は浮世離れした風変わりな青年。そんな茅島氏の純粋さと内に秘めた情熱を知るのは、恋人である庭師の「彼」。恋をして少しずつ人間らしい感情の波を見せ始めた茅島氏は、庭師と共に英国湖水地方を訪れる。だけど、そこには庭師の昔の親友がいて―!?庭師×主人の恋を描く人気作、書き下ろし短編も収録して待望の文庫化。
一巻を読んだあと、
 
どうしても続きが読みたくてリーフ版をヤフオクで落としただけでは飽き足らず
 
茅島氏が出演した他の小説まで買いあさる始末・・・
 
これが業というものなんでしょうか・・・・ (笑)

苦しいけど楽しい、でもどうしても放り出すことができない

ちょっと「俎上の鯉は二度跳ねる」の恭一の気分になってみました(笑)



というわけでお話のほとんどはわかっていたのですけど、書き下ろしもあるし

なにより挿絵さんの違いというものも味わってみなきゃいけませんので購入してみましたー♪

茅島さんの不思議な話し方といい、人間性といいなんかますますかわいらしさが増していて

みんなが彼を猫かわいがりしたい気持ちがすごくわかりました。

あーこういう生き物かってみたい~

今回は茅島氏の恋人である庭師の彼とケンカしてちょっとしょげていました

理由は・・

まぁ聞いてみればばかばかしい理由で、偏食気味の茅島氏に注意したら怒ってグラスとお皿を床にたたきつけたらしいです・・・

まぁ仲が良すぎてというか

喧嘩のあとは、やっぱり甘い甘い愛情の交換のようです




それと今回茅島氏は庭師の彼と初めての英国を訪れ、まるで新婚旅行のように楽しい時間を過ごすのですが

英国の庭について説明する彼はほんとうにいきいきとしていて

庭の造作などまるで興味がないあたしでも美しい花々に囲まれたイングリッシュガーデンが堪能できました。

庭師の彼が昔の友達と会って、茅島氏が知らない一面を見せられてちょっとやきもちを焼いたりする場面もありました。

書き下ろしもふくめてすべてにおいて彼への茅島氏からの恋文のような作品でした。

三巻がいまからすごく楽しみです


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

私も茅島病です笑
新装版きっかけにCDの続編も出たらいいですよね~
漫画も買おうか迷いどころです!

マンガも雰囲気があってよかったですよー

マンガの方は予備知識がないまま読んだんですけど、麻々原さんの硬質な感じの絵柄の雰囲気もすごくよかったですよー
原作に忠実だし~
お試しで読めるとこで一度読んでみてください(笑)

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People