忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

太陽は夜に惑う (真瀬 もと)

太陽は夜に惑う (新書館ディアプラス文庫)
真瀬 もと (著)
稲荷屋房之介(イラスト)


(内容) 紅砂の国ザハナを訪れた朔人。エキゾチックな街並みで、映画から抜け出した“シーク”のような男アーキルと出会った。彼に連れられて行ったのは、喪われた砂漠の都スツ。その廃墟のなかで、朔人はアーキルに情熱的に抱かれる。ところが初めての恋を自覚した途端、アーキルがザハナの王族であること、そして十年前に朔人の兄を死に追いやった仇であるかもしれないことを知り…。オール書き下ろしラブinアラブ。        
デイアプラスさんのエロの薄いけれどレベルの高いというか
 
たんにあたしの好みに合っているだけかもしれないけどけっこう好きなんです~

というわけでほんとうは読んだことがないので買う気はまったくなかったのですが

挿絵は稲荷屋さんですごく雰囲気があるし、

あらすじ読んでもなかなかおもしろそうだったので買ってみました。

良く考えたら。。。人生初のアラブじゃないかな

↑自分の記憶なんでまったくもってあてにはならないんですけどね(笑)
 



映画監督でもある義理の父親につれられて紅砂の国ザハナを訪れた朔人
 
義理の父親のイメージにピッタリなアラブの男性を街角で見かけた彼は あわてて彼の後を追いかける。
 
それが恋と冒険と過去の疑惑を晴らすたびになるとは知らずに・・・
 



朔人の兄は過去昔雇われた貴族の館で毒殺されていたのだが

幼かった朔人には何故かも、誰に殺されたかもわからないままだった。

ただ兄から渡された指輪だけがすべてだった。
 
一目会って心魅かれ いつのまにか無垢な体までささげたいと思っていた彼

アーキルは 実は兄の死について何か知っているようで・・・


国家の陰謀と、兄弟の確執と、冒険と愛と恋が複雑に絡まり合いながらも

恋はひそかに進んでいくのですよー

媚薬と蝶に責められた朔人はそれはそれは・・・色っぽかったです(笑)




ということではじめての(たぶん)アラブ小説はなかなか心魅かれる展開で楽しかったですし

最後のどんでん返しもおおーーという感じでした。

ネタばれしたいのですが、しちゃったら楽しみが半減されるので 気にかかる方はどうぞ読んでみてださいね~


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

はじめまして

はじめてコメントさせていただきます。
『ボーイズラブの花を咲かそう』管理人の@reiと申します。
当サイトでは、ボーイズラブ商業誌の情報をご紹介させていただいており、貴方blogを拝見させていただきまして、是非ともご協力いただきたく、ご連絡させていただきました。
それぞれの作品記事に書評(感想)記事のトラックバックをしていただけるブロガーの皆様を募集をしています。
ご参加方法は、当サイトのリンクをお貼りいただくだけで、登録などの面倒な作業は必要ありません。
blog宣伝も兼ねて、ご参加いただければ幸いです。
URL:http://peerreview-search.net/bl_blossom/ になります。
ご検討の程よろしくお願いいたします。

はじめまして

コメント&御誘いありがとうございました
こんなたいしたことんあいブログで誘っていただけたことうれしく感じております。
いい感想というか、書評がかけたらぜひ参加させてくださいまし

トラックバック

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People