忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うたかたの人魚姫(弓月あや)

うたかたの人魚姫 (ダリア文庫) (文庫)
 弓月 あや (著)
北沢きょう(イラスト)



(内容)銀髪と紅い瞳をもつ『しの』はその美しさと物珍しさから、遊興三昧に耽る鷹司公爵家嫡男・一成のために男妾として買われることになる。外出を禁じられ暫く鷹司家の離れの庵で身体の手入れをするよう命じられたしのは、孤独な日々に寂しさを募らせる。ある日、言いつけを破り外に出たしのは偶然一人の青年と出会う。しかもその清廉な雰囲気を持つ朗らかな青年は一成と名乗り―。
少女のような綺麗な表紙に魅かれて購入に・・・・

ドレスが人魚のうろこのようなイメージを醸し出しておりまして 童話の「人魚姫」を連想させてくれます。

お話自体はテンプレで読みやすく、

先が読みやすいので疲れることなく読み進めていけれますので安心して読み進めていきます。



銀髪と紅い瞳をもつ『しの』は 遊興三昧に耽る鷹司公爵家嫡男・一成のために 男妾として買われていきますが

異形のために村人からは忌み嫌われておりましたが、

家族からは愛情深く守られておりましたし

買われた鷹司公爵家でもそう苛められるというわけでもないし

すんなりと一成と出会いその人柄に触れ魅かれていきます。
 
夜会にでていくために衣装まで調達してくれます。

その夜にお互い魅かれていることに気が付きますが
 
鷹司の家というか、一成の母が一成の遊びを抑えさせるために買われた男娼ということをし

り だまされたということで怒った一成から無体な目にあわされますが 事後は限りなく優しい・・・


一成の結婚が決まり、一成の男娼としてに仕事も終わったしの

女衒にまただまされて売られそうになりますが、一成の友人にすんでのところで助け出されます。

ふたりで日本を捨てて住みよい英国に移住という話になります~


ロマンチックな綺麗な挿絵と読みやすいお話楽しみたい方いかがでしょうか?

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People