忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友には杯、恋人には泉 ~右手にメス、左手に花束10~  ( 椹野 道流 )

友には杯、恋人には泉 ~右手にメス、左手に花束10~ (二見書房 シャレード文庫) [文庫]
椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)

友には杯、恋人には泉 ~右手にメス、左手に花束10~ (二見書房 シャレード文庫)



(内容)

これまでもこれからも二人きりやけど、俺ら、もう立派に家族やな

正月休みをハワイで過ごす計画をしていた江南と篤臣。
そこへ美卯の母・ミドリが入院することに。
娘の将来を悲観するミドリが安心して治療に専念できるようにと主治医の楢崎が提案したのは
なんと、自分が美卯の恋人役となることで…。
心配しつつも芝居に気乗りのしない篤臣に、
江南から彼らしからぬサプライズが!?

どうなるハワイ、ほっこり年越し編




あいもかわらずお互いがお互いのために生きているようなそんなふたりのお話です。

こたつの上にみかんがあって

テレビを見ながら会話して

時々いらちの江南がチャンネルをザッピングしながら

ああ、またこいつは・・と心の何処かで思いながらも許してやっている篤臣

もうね、表紙がすべてを物語っているふたりのお話でした。

これまでもこれからもふたりきり

そのふたりきりの時間がとても優しくて大切なもののふたりが

とても羨ましいです。


篤臣の先輩である美卯の母・ミドリが入院し、

手術が必要とのことですのでお正月休みはハワイにのんびりといった予定は

儚く消え去りましたが

周囲の心遣いに自分の病気に対して積極的に治療を進めていく決心をするミドリ

みんなに助けられて失意の母のために楢崎が恋人であるかのようなふりを

がんばってしたものの母親の鋭い感に見破られてショックを受ける美卯

冷静で、他人にたいしてどこか冷たかったところもあった楢崎も

友人であり、先輩である美卯のために恋人役を精一杯努めてくれたり

みんながみんなの気持ちに守られて助けられ

成長していくことが感じられた一冊でした。


こたつにみかんを持ってこもりたいときには最適の一冊ですよー。

あ、でも病院の宿直室でおせちをもっていた篤臣を襲うあたりは

あいかわらず愛ゆえの短絡的な江南の行動?と思ってしまいましたが

それを篤臣も度量広く受け入れているのでよしとしましょう(笑)

病院に受診して

宿直室をみたらちょっと萌えてしまうかもしれません(笑)


コメントレスです♪

さなえさん

今回はほんとうにありがとうございました!
また同じ本が二冊・・と悩んでおりましたのに天からの助けのように感じました!
何回も何回もふたりを眺めて、またまた再読してしまいそうな自分がこわいです(笑)

「おやすみなさい、また明日」のふたりは視線も合わせておりませんし
上を向いていて風景を堪能しているひとりと
うつむき加減で自分の足元をみているひとりと
自分の思考の中にいるだけのようで
ちゃんと手をつないでふたりでいる時間を楽しんでおりまする~

いいお話でしたよね。

コメントありがとうございましたm(__)m



拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People