忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秘書とシュレディンガーの猫 (榎田 尤利 )



秘書とシュレディンガーの猫 (SHYノベルス) (新書)
榎田 尤利 (著)
志水 ゆき (イラスト)

(内容)

★PET LOVERSシリーズ 第3弾
シュレディンガーを正しく指摘したひとりに全財産を相続させる・・・
亡き祖父の遺言を聞くため古い屋敷を訪ねた舘を待っていたのは、
風変わりな猫探しの遺言と初めて会う従兄弟、それに祖父の美しい個人秘書 雨宮だった。
金と権力を信じる舘は遺言の内容にうんざりしながらも屋敷に滞在することを決める。
一方、雨宮は初めて会ったときから舘のことが嫌いだった。
それなのに、舘の挑発に乗ってしまい・・・!?
甘くてほろ苦い大人の恋!!

PET LOVERS
第1弾:犬ほど素敵な商売はない
第2弾:獅子は獲物に手懐けられる
第3弾:秘書とシュレディンガーの猫





第二弾の「獅子は獲物に手懐けられる」が思ったより苦手な作品でした

ので、これも買うかどうか悩んだのですが

とりあえず購入に



ですが!!これはあたしの萌えのるつぼでした(笑)

幼いころから貧しくて、自力で大学卒業し現在は会社を経営中の舘

お金には不自由はしてませんが、もらえるものならいただきたい。

ということで祖父の残した遺産をもらうために遺言通り

猫の存在を探しまくるのです(笑)

お固くて能面のような秘書とおもっていた雨宮

この子が実は祖父に買われていた「猫」なんですけど、

舘のことが嫌いで避けていたんですが、実は反面魅かれていたようです。

舘の挑発に乗っていきおい上にのっかかっちゃうような襲い受けの

雨宮が壮絶なまでに色っぽいです。

こういう風に襲われたら神様だって落ちちゃうかもとクリスマスの夜に考えた不信心ものです・・・・(笑)




襲われて自分でも思いがけずに雨宮に惹かれていく舘。

雨宮の人間的な弱さを知ってますます魅かれていくのですが

遺産の件が片付いたら雨宮は姿を消してしまいます。

雨宮とともにくらすために

遺産で事業拡大どころか、

家を改築し猫探しのポスターを全国版でのせちゃうくらいに

舘の生き方もまた変わっていってたみたいでした。

それと同じくらい雨宮もまた誰も信じていない猫から舘になついちゃった飼い猫に変わっていたみたいです

推理サスペンス・・というのにはネタがそうそうに割れていますが

寂しい人間と猫のお話としては心温まるお話でした。




次の作品はとうとうオーナー恋のお話みたいです

この作品で意味深な言葉をつぶやいていた彼の恋もまた楽しみです

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People