忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽園は甘くささやく(神奈木 智 )


楽園は甘くささやく (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
神奈木 智 (著) サマミヤ アカザ (イラスト)

楽園は甘くささやく (幻冬舎ルチル文庫)




(あらすじ)

母を亡くした十八歳の穂波貴史は、遠縁の四兄妹、穂波冬杜・春臣・夏那・秋那の家で暮らすことに。人づきあいが苦手な貴史を、「穂波家の末っ子」として春臣・夏那・秋那は気遣ってくれる。そんな中、貴史はなぜか一番反感を覚えていた冬杜の優しさに、次第に心を開き始める。ある日、春臣から告白された貴史は、冬杜への気持ちに気づき…!?待望の文庫化。
今月のルチル文庫は買いたい作家さんがいなくて・・と思っていたのに

本屋さんをでるときにはルチル文庫を4冊も握っていたという不思議体験(笑)

しかも下調べなしのままだったので

新装版だスピンオフだという作品がちらほらあることにあとから気が付きました・・・

おもしろかったら過去の作品も買いあさってしまう癖があるので

そういうのは避けていたのに(涙

でもぎゃくにあらすじや挿絵さんに魅かれて購入したのに

自分的な萌えとは違っていた作家さんだったというのもちょっと涙してしまいますけどね・・・

まぁ失敗は成功の元(笑)?


このお話は新装版ということにあとから気が付きましたが

過去のお話を読んでいないので自分的にはまあまあよかったかなと思いました(笑

夢見がちな母親に育てられ監禁?に近いような状態で大きな屋敷で育ってきた貴史

けれどその閉ざされた生活は母の死によって大きく変わっていきます。

母の従兄弟の子供達4人のいる屋敷に引きとられ

人見知りというか人間嫌いの様相で生きてきた貴史もすこしづつ成長し変わっていきます。

大人であるという立場の冬杜の見えにくい優しさにちょっとやきもきさせられました(笑)


ちょっと文体とか設定に古さは感じましたが

家族内BLというのは嫌いではないので

楽しんで読むことができました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People